千葉で田舎暮らし

千葉で田舎暮らしをしている伊勢海老太郎のブログ

シソの実の醤油漬けと塩漬けの作り方(レシピ)。調味料としておすすめです。

f:id:iseebitarou:20151215013224j:plain

2ヶ月くらい前の話ですが、シソの実の醤油漬けを作りました。作ったシソの実の醤油漬けは今でも料理に使っていて重宝しています。

シソの実の醤油漬けの作り方(レシピ)

今回はシソの実の醤油漬けの作り方を紹介したいと思います。作り方の紹介と言っても、シソの実を醤油に漬けるだけなんですけどね(笑)。

f:id:iseebitarou:20151215013212j:plain

庭に生えているシソを取ってきました。シソの葉は取って、何か料理にでも使いましょう。今回の主役はシソの実の方です。

f:id:iseebitarou:20151215013213j:plain

シソの葉を取った状態です。ここから実だけを綺麗に取ります。

f:id:iseebitarou:20151215013215j:plain

シソの実です。

f:id:iseebitarou:20151215013216j:plain

シソの実のアップ画像です。

このシソの実をザルに入れて水洗いしてよく水を切って乾かします。私は晴れた日に窓際に置いといたら1日くらいで乾きました。

f:id:iseebitarou:20151215013217j:plain

煮沸消毒した瓶を用意します。この中に水洗いして完全に乾いたシソの実を詰め込みます。

f:id:iseebitarou:20151215013218j:plain

こんな感じで詰め込みます。

f:id:iseebitarou:20151215013219j:plain

シソの実をいっぱいに詰め込んだ瓶に醤油を注ぎます。シソの実が隠れるくらいに注ぎます。

f:id:iseebitarou:20151215013221j:plain

醤油を注いだら瓶のフタをして、冷蔵庫で寝かすこと一週間、シソの実の醤油漬けの完成です。

f:id:iseebitarou:20151215013223j:plain

冷蔵庫で一週間寝かせたのがこちらです。よく浸かっています。

私は知り合いのおばあちゃんに作り方を教えてもらいました。この記事を書くにあたりクックパッドを見てみましたが、醤油を入れる前にシソの実を、塩で揉んだり、煮たり、灰汁抜きしたり、水切りをして乾かさなかったり、と作り方は色々です。

このブログ記事だけを見てシソの実の醤油漬けを作ってみようと思った方がいましたら、クックパッドなど他のサイトも見てみて、これだ!と思った作り方で作ってください。

小さなお子さんがいる家庭や、衛生的に気を使われている方は沸騰したお湯を使うやり方の方が良い気がします。

私は独り身で食べるのは自分だけなので、あまり気にせず水洗いだけで作ってしまいました。教えてくれたおばあちゃんも私もお腹を壊したりしたことなく美味しく食べていますけどね。

シソの実の醤油漬けの食べ方

食べ方は自由ですが、私がどのように食べているかを紹介したいと思います。シソの実を白飯にのせて食べてるのはもちろんですが、お刺身の醤油の代わりに使うことが最近は多いですね。これすごく美味しいです。

チャーハンを作る時に、普通の醤油ではなくて、シソの実の醤油漬けの醤油を使うと、いつもと少し違った味になる気がします。野菜炒めなんかにも同じように使います。

冷奴もたまりません。冷奴の時はシソの実も大胆にかけます。シソの実と滑らかな豆腐の食感の違いを楽しんでいます。納豆も美味しくなりますね。

シソってどんな料理も美味しくしてくれますよね。そのシソ風味の醤油とシソの実ですから、もう何にでも合いますよ(笑)。 

シソの実の塩漬けの作り方

f:id:iseebitarou:20151215013222j:plain

醤油ではなくて塩を入れれば、シソの実の塩漬けが作れます。こちらも瓶に塩を入れてから冷蔵庫で1週間寝かせました。

シソの実の塩漬けの食べ方

私はシソの実の塩漬けを、天ぷらにつける塩の代わりに使います。これがとても美味しいです。天ぷらの油っぽさをシソ風味の塩と実が爽やかにしてくれます。天ぷらがより美味しくなります。

焼肉を塩でいただく時もシソの実の塩漬けを使ったりします。

料理に塩を使われる方、普通の塩をシソの実の塩漬けに代えたら、料理の味がいつもとは違った新しい味でさらに美味しくなるかもしれませんよ。

あとがき

学生の頃、アルバイトをしていた飲食店のシェフが言っていたのを思い出しました。「とにかくシソを入れろ!味も彩も入れるだけでアップする!迷ったらシソ!」

十数年の月日が経ち、シェフの言葉の意味がわかった気がします(笑)。シソの風味がついた醤油と塩は最強です。何に入れてもつけても美味しいです。もうシソ無しでは料理はできないかも(笑)。「とにかくシソを入れろ!!迷ったらシソ!」と心の中で叫びながら料理をしています(笑)。私は今、シソブームなんです。

もし、シソを自由に採取できる環境にいるのであれば、葉だけでなく実も一緒に採取して、シソの醤油漬けとシソの塩漬けを作ってみることをおすすめします。