千葉で田舎暮らし

千葉で田舎暮らしをしている伊勢海老太郎のブログ

鶴首かぼちゃスープの作り方(レシピ)を紹介します。

f:id:iseebitarou:20151211160259j:plain

祖母の畑でおもしろい形のかぼちゃが毎年収穫されます。このかぼちゃの名前、何だかわかりますか。正解は鶴首かぼちゃと言います。

鶴首かぼちゃの名前の由来は、だいたい想像がつくかと思いますが、鶴の首のような形をしているからのようです(ネット調べ)。

このおもしろい形のかぼちゃが美味しいスープになるんですよ。イタリアンに行くと、かぼちゃのスープがメニューにありますが、あんな感じの美味しいスープが作れます。しかもすごく簡単に!

今回は自分が忘れない為にも、レシピをブログにメモしておこうと思います。鶴首かぼちゃを貰ったけど調理の仕方がわからなくて困ったという方の参考にでもなれば嬉しいです。

鶴首かぼちゃスープの作り方(レシピ)

f:id:iseebitarou:20151211160300j:plain

■材料
鶴首かぼちゃ(皮をむいた実の部分)1キロ
牛乳300CC
バター20グラム
コンソメ(キューブタイプ)1個
塩小さじ1
こしょう適量
コーヒーフレッシュ(生クリームでもOK)

※ミキサーを使います。

f:id:iseebitarou:20151211160301j:plain

5センチぐらいにカットします。鶴首かぼちゃの下のふくらんだ部分(画像の下の大きい部分)は種になりますので使いません。

f:id:iseebitarou:20151211160302j:plain

黄色い実の部分が残るように、皮を厚切りにむきます。

※手を切らないように注意してくださいね。

f:id:iseebitarou:20151211160303j:plain

今回はわかりやすく、皮をカットした実の部分1キロでスープを作ります。この状態で1キロ。

※ここで同じように重さを量り、その重さにあわせて、各材料の必要量を計算してください。冒頭の材料(分量)は1キロの場合です。

f:id:iseebitarou:20151211160250j:plain

水を1,000CC入れます。コンソメ(キューブタイプ)1個をいれます。鶴首かぼちゃを鍋に入れてやわらかくなるまで湯がきます。

※菜箸が軽い力で刺さればOKです。かたい部分は残らないように、コゲないように注意しましょう。

※ちなみに私は中火で20分程かかりました。

f:id:iseebitarou:20151211160251j:plain

菜箸が軽い力で刺さるまでやわらかくなりました。

f:id:iseebitarou:20151211160252j:plain

トロトロのペースト状になるまでミキサーにかけます。

※鶴首かぼちゃだけをすくってミキサーにかけるのではなくて、湯がいた水1,000CCも全て一緒にミキサーにいれてください。

f:id:iseebitarou:20151211160253j:plain

ミキサーでトロトロのペースト状になりました。

f:id:iseebitarou:20151211160255j:plain

トロトロのペースト状を、新たな鍋に入れて、中火にかけます。ここで、牛乳、バター、塩、こしょうを入れます。入れた材料がスープに馴染んだら完成です。

※こしょうを入れると味がしまります。こしょうの分量は好みですが、私は2振りくらいしました。味見をしながら調整してください。入れ過ぎには注意しましょう。

f:id:iseebitarou:20151211160256j:plain

スープをカップに注げば、イタリアンの前菜で出てくるような美味しいスープが目の前に。

f:id:iseebitarou:20151211160257j:plain

お好みでコーヒーフレッシュ(生クリーム)をかけてお召し上がりください。

クルトンをのせても美味しいです。

翌日に再び火にかける時など、水分が飛んでドロドロしすぎる場合は、なめらかなスープ状になるまで牛乳を加えてください。

1キロでティーカップ15杯〜20杯分ぐらいのスープができました。

子供から大人まで美味しく飲めるので。パーティーなどたくさんの人が集まる時に大活躍するスープです。「このカボチャで作ったんだ。」と鶴首カボチャを見せれば、おもしろい形に会話も盛り上がります。

今回紹介したレシピは私が何度か作ってみて1番美味しくできた分量です。牛乳、塩、こしょう、コンソメの分量は好みにより変更してください。より美味しくできたら、是非レシピを教えてください。

美味しい鶴首かぼちゃスープができますように( ̄ー ̄)ニヤリッ