千葉で田舎暮らし

千葉で田舎暮らしをしている伊勢海老太郎のブログ

Spigen「ネオハイブリッド for iPhone6s/6」ケースを購入した感想。

f:id:iseebitarou:20151012234304j:plain

先日iPhone6を3台購入しました。ケースも3つ購入しましたので紹介します。前回の記事に続き、今回は2つ目のケースです。

Spigen「ネオハイブリッド for iPhone6s/6」を購入

Spigenというブランドの「ネオハイブリッド for iPhone6s/6」を購入しました。カラーはメタルスレートです。価格はAmazonで2,990円でした。

メタルスレート以外にも、ガンメタル、サテンシルバーのカラーがあります。ガンメタルは2,990円、サテンシルバーは2,490円です。どのカラーもAmazonでセール品と表示されていますが、カラーによって割引率は異なるようです。

※価格はブログ執筆時の情報です。価格と商品詳細は上記商品ページをご覧ください。

f:id:iseebitarou:20151012234247j:plain

パッケージはこんな感じです。紙の箱に入っていました。

f:id:iseebitarou:20151012234249j:plain

箱を開けると本物のSpigen商品を証明するシリアルナンバーの紙が入っています。よくわかりませんが、偽物も出回ったりしているのでしょうか……。

右側が今回の主役であるケースです。

f:id:iseebitarou:20151012234251j:plain

ケースは2重構造になっています。TPUソフトケースとハードフレームです。TPUソフトケースの内側のバスケットボールのようなデザインは、衝撃吸収を強化するため網状のパターンだそうです。

iPhone6スペースグレイに装着

f:id:iseebitarou:20151012234256j:plain

まずはTPUソフトケースをつけます。次にハードフレームをつけて装着完了なのですが、ハードフレームをつけるのに少し苦労しました。取り付けにはコツがいるようで、コツをつかんでしまえば簡単です。

まずは下部ををセットします。上部は片側からハメるのではなくて、左右両側を一緒に一気にハメ込みます。そしたら簡単にハマりました。片側からハメると、最後がきつくてハマりません。無理やりハメようとするとハードフレームが壊れそうになります。

f:id:iseebitarou:20151012234305j:plain

iPhone6スペースグレイに「ネオハイブリッド for iPhone6s/6」を装着した画像がこちらです。いかがでしょうか?私はかっこいいと思います。まさに!表側は好みです。

それでは各角度から見た画像を紹介しましょう!

f:id:iseebitarou:20151012234258j:plain

マナーボタンと音量ボタンまわりです。マナーボタン部分は穴が空いていて、直接iPhoneのマナーボタンを操作します。穴は十分に空いていますので、切り替えがしずらいということはありませんでした。

音量ボタンはケース内蔵のボタンを押して操作します。直接操作するのと同じように気持ち良く押せました。押しずらいということはありませんでした。

f:id:iseebitarou:20151012234300j:plain

電源ボタンもケース内蔵のボタンを押して操作します。こちらも直接操作するのと同じように気持ち良く押せました。

この画像だとわかりにくいですが、電源ボタン側サイドの下にブランドロゴが刻印されています。全然目立たないですが、よく見ると「spigen」の文字があります。

f:id:iseebitarou:20151012234259j:plain

イヤホンジャック、Lightningケーブル、スピーカー部分には穴が空いています。私は純正のイヤホンとLightningケーブルしか持っていないので、サードパーティ製品の検証はできません。

純正のイヤホンとLightningケーブルは問題なくスムーズに取り付けできました。って当たり前か……(笑)。

f:id:iseebitarou:20151012234302j:plain

カメラ部分です。カメラレンズの出っ張りよりケースの方が厚いので、テーブルなど平らな場所に置いた時に、カメラレンズに傷をつける心配がありません。

f:id:iseebitarou:20151012234303j:plain

背面です。iPhone6の背面と同じように線が入っています。私はiPhone6背面の線が無い方がかっこいいと思っているので、この線がケースにもデザインされているのは残念です。

ケースではなく本体の話ですが、調べてみるとiPhone6の背面の線は、ただのデザインではなくて、電波の受信感度を上げるアンテナの役割があるそうです。Dラインと言われているそうです。知らなかった……。

ケースに話を戻します。見ての通りですが、Dライン部分以外はザラザラした形状です。滑り止めになりそうです。下側にブランドロゴが刻印されています。

簡単にですが各角度からの画像をコメント付きで紹介しました。

YouTube動画で紹介

開封から装着まで、そして外観を動画でも撮影しました。YouTubeにアップロードしましたのでご覧ください。

いかがでしたでしょうか。上記でハードフレームをつけるのにコツがいると書いていますが、肝心のハードフレームをつける瞬間が見切れていますね……。ごめんなさい。

iPhone6シルバーに装着

手元にiPhone6シルバーもありましたので、iPhone6シルバーにも装着してみました。ゴールドやiPhone6sの新色ローズゴールドも同じような雰囲気になると思います。もちろん、カメラ部分のカラーなど、多少の違いはありますよ。

f:id:iseebitarou:20151012234255j:plain

私はブラックカラーが大好きで、iPhone6もスペースグレイの一択です。できればオールブラックカラーで、ケースもブラックが良いです。そんな私ですので、シルバー装着の感想は書きません(笑)。

f:id:iseebitarou:20151012234252j:plain

電源を消すとこんな感じです。

f:id:iseebitarou:20151012234254j:plain

別の角度からの画像。

f:id:iseebitarou:20151012234253j:plain

スペースグレイ以外のモデルで、このケースの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

感想

f:id:iseebitarou:20151012234306j:plain

一週間使ってみた感想を少し書きたいと思います。iPhone6全体を覆ってくれているので安心感はかなりあります。

液晶画面の端まで覆うタイプなので、画面の端の操作が少ししずらくなりました。私はゲームをしないので気になりませんが、もしかしたらゲームの操作性が若干損なわれるかもしれません。普通に使っているぶんには、端をタップすることはほとんど無いので気にはなりません。

まだ落としたことはないですが、そこそこの衝撃からは守ってくれそうです。さすがに分厚い対衝撃専用のケースには敵わないと思いますけどね。

ハードフレームのカラー、TPUケース背面のザラザラ部分とツルツル部分、カラーや質感の違いを見て触って楽しめます。

f:id:iseebitarou:20151012234307j:plain

ザラザラの質感なので滑りにくいかなと思いましたが、実際に使ってみたらそうでもありませんでした。私の手からはたまに滑ります。手が乾燥し過ぎでしょうか(笑)。バンカーリングを付けたいですが、ザラザラしているので悩ましいところです。

スリムでiPhone6の薄さやデザインをほとんど損ないません。デザインが気にいったのであれば満足度はかなり高いと思いますよ。デザイン重視でそこそこの保護力を求めている方におすすめです。

使い続けて気になる点や良かった点が新たに出てきたら追記していきたいと思います。

f:id:iseebitarou:20151013183616j:plain

ちなみに、今回使用しているiPhoneにはパワーサポート社製のAFPクリスタルフィルムを貼っています。

理想のiPhoneケース

個人的にはブラックカラーが大好きなので、オールブラックカラー、背面はシンプル、液晶画面の端まで覆うタイプ、iPhoneの薄さは損なわない、ケースが理想です。

今回紹介したケースは、ほぼ満足なのですが、背面のデザインが個人的には少しだけマイナスポイントでした。もう完全に好みの問題ですけどね(笑)。

そんな私の理想とするケースが同じメーカーのSpigenから発売されていました。次回はそのケースを紹介したいと思います。iPhoneケース紹介第3弾にご期待ください。