千葉で田舎暮らし

千葉で田舎暮らしをしている伊勢海老太郎のブログ

今年の夏は鈴虫を飼育してみました。鳴き声を動画で紹介します。

f:id:iseebitarou:20151010164111j:plain

4ヶ月くらい前に知人から鈴虫の幼虫をもらいました。とあるイベントで子供達に配る為に準備したそうですが、たくさん余ってしまい、それを頼まれて譲り受けました。

鈴虫を育ててみたい!という方を探し回ったのですが配りきれず、今年の夏はたくさんの鈴虫の幼虫と同棲生活をすることになりました……。

鈴虫が幼虫から成虫へ成長

虫が苦手なので毎日恐る恐る餌をやり、飼育をしながらもらってくれる人を探しました。

虫かごを買い、知り合いの農家さんからキュウリやナスを貰い、ホームセンターで鈴虫の餌を買い、土(鈴虫マット)と炭も買って、水もやり、思っていたよりかなり手間がかかります。数匹を育てるなら楽なのでしょうけど、100匹くらいいましたからね(笑)。そりゃそうですよね。

ある日、幼虫だった鈴虫が脱皮しました。どんどん脱皮をして大きくなります。虫かごが狭くなるので、鈴虫の成長にあわせて虫かごも追加購入します。虫かごだらけの部屋を見て、「養殖業社かよっ!」と笑いながら自分にツッコミました(笑)。

脱皮を何度か繰り返し、最後に羽化をして、上記画像のように立派な羽を持った成虫になりました。なんとか成虫まで育てることができました。

欲しい人に早く譲りたいと思って育てましたが、ここまで育てると愛着がわき鈴虫の成長がすごく嬉しかったです。

鈴虫の鳴き声を動画で紹介

ある夜、鈴虫が鳴き出しました!苦労して飼育していたので、鳴き出した瞬間はすごく感動しました。

羽と羽を擦って音を鳴らします。小さな体からこんなに美しい音が出るなんて!鳴いている鈴虫を動画撮影しましたので是非ご覧ください。

我が家の鈴虫の音色はいかがでしたでしょうか。私は就寝前に部屋の明かりを消して、鈴虫オーケストラの演奏を聴きながら寝ています。かなり癒されます。

動画を撮影したのは8月下旬です。9月は毎晩鳴いていました。

10月になったので、9月を振り返ってここからは本音を書きます(笑)。鳴き出した頃は確かに毎晩感動していたのですが、慣れると少しうるさく感じてしまいました(笑)。数十匹いますからね……。さらに家の裏に森があり、森の虫もいっせいに鳴き出しました。

森の虫の数を含めると数百匹の虫の音が鳴り響きます。もしかしたら森には数千匹はいるのかもしれません……(笑)。9月なので日中はセミの鳴き声もまだすごいです。今年の夏は虫の鳴き声で始まり、虫の鳴き声で終わりました。もう虫の音色はお腹いっぱいです(笑)。

そして、外で鈴虫やコオロギなど秋の虫がたくさん鳴いているのに、部屋でお金と手間をかけて虫かごで鈴虫を育てているという矛盾……(笑)。鈴虫やコオロギが外にたくさんいる田舎でやることではないですね(笑)。

鈴虫の現在と今後

成長して鳴くようになると、もらってくれる方も増えて、現在は虫かごの数もだいぶ減りました。

オスは寿命を迎え、メスが数匹います。このメスも土に産卵をして数日後には寿命を迎えることでしょう。土の中の卵は6月頃に孵化するそうです。

また、鈴虫を飼いたい人を探さないといけません(笑)。でも、来年6月に孵化した次世代の鈴虫を見てみたい気も今は少ししています。

毎年増えて、数年後に部屋が鈴虫ですごいことになったりして…(笑)。調べたら、鈴虫はメス1匹から50〜100の卵が生まれるそうです。数年後に転職して鈴虫の販売業社をしていたりしてね(笑)。